浜地道雄の「異目異耳」

異文化理解とは、お互いに異なるということを理解しよう、ということです。

【第220回「子供に英語でPCスキルを」(2005年)

 

2005/08/03 記

手段としての英語とPCを自然に楽しく学べ、世界標準的なスキルを駆使して中身を構築し、心を伝えていくことができる。子供たちはなんとたやすく入っていくことか!

 旧聞ながら、昨年2004年8月27日の朝日新聞に「小学校の英語導入の是非」と題した2人の大御所の非常に興味深い論争があった。以来、関係者間で白熱論議が続いている。

 「反対」の立場を取るのは英語学会理事でもある慶応言語文化研究所教授の大津由紀雄
「小学校から英語を」というのは「早いほどよい」という信仰にも似た考え方だ。小学校で週何時間か学ぶくらいで英語が身につくと思うのは、幻想に過ぎない。文法も併せて理解しなければ自分の考えを英語で構成し、表現することはできない。もう一つの問題は小学校教員が専門的な訓練も受けないまま英語を適切に使いこなせるとは思えない。いま検討すべきは、小学校に英語を導入する事ではない。大学までの教育全体だ。 

  一方、中央教育審議会委員を務める、国際教養大学長の中嶋嶺雄氏は「賛成」:
 世界で活躍するために、今こそ小学校でも英語を教科として教えることを決断すべきだ。そうしなければ、導入は10年以上は遅れるだろう。21世紀に入り、さまざまな領域でグローバル化が急速に進んでいる。世界と直結しなければ日常生活もできない。国際言語である英語を身につけることはもはや欠かせない。小学校英語の議論が高まっているのも、日本の経済大国としての地位が揺らぎ、国際社会から取り残されかねないとの危機感があるからだ。国際的な視点からだけではない。言葉を覚えるのは、耳から入る音楽と同様、早いほどよい。


 長く、ビジネスマンとして世界を見聞してきて、今の日本が最も重視せねばならない教育項目は、子供たちの「心」、ことに徳目の育成、と信じる筆者にとって大津教授の視点は実にその通りと共感する。他方、男女4人の子供の教育を通じて、日米両国での初等、中等、高等教育の経験、そして、自分自身の(英語力不足で苦しめられた)個人的経験より、中嶋学長の主張も強く響く。

 と、蝙蝠のごとく(動物か、鳥か)実に悩ましい論点であるが、ここでは、いまや世界に普及してる才能教育(鈴木メソッド)の第1期生である中嶋教授の主張に軍配を上げよう。楽器(ヴァイオリン)が子供たちの心を世界に語れる有効な手段である、とオーボエ吹きの端くれ(だった)筆者も痛感している。

 そんな折、NPOによる「子供に英語でPCスキルを」運動を知り、来週後半の新潟大学でのCIEC(コンピュータ利用教育協議会)によるPCカンファレンスに参加することとした。 

 これだと英語学習は目的ではなく、「手段としての英語とPC」を自然に、かつ楽しく学べ、世界標準的なスキルを駆使して、「中身」を構築し、心を伝えていくことができる。ゲームを初めとして、子供たちはコンピュータの取り組みになんとたやすく入っていくことか!

 そして、そこでは「Realize Your Vision」(右写真)と、子供たちに「(技術を使って)自分の視点を明らかにしていこう」という啓蒙運動でもある。

関連情報:
教育ソリューション協会  http://kyouikusolution.jp/index.html


EasyTech:米国を中心に3万人以上の教師と約150万人の生徒が利用している教育システム  http://www.lear「ning.com(英語)

ISTE(International Society For Teaching in Education)と提携による。
IT教育技術基準の国際的な普及と“デジタル・デバイド”の解消をその使命とする。
https://www.iste.org/ (英語)

 

 

 

【219回】タタに見る異文化理解 ~ 時空を超えた魅力

 

    

    

f:id:TBE03660:20210731155203j:plain

The Economist 2012年12月1日号



f:id:TBE03660:20210731155242j:plain

松本清張「ペレスポリスから飛鳥へ」「火の路」



                                                                                                                                                                                                  

The Economistは英国ベースの、世界でもっとも重要な政治経済紙(週刊)の一つと見なされている。その表紙をはじめWits(知力)に富む記事は魅力的であり示唆的だ。

                                                                           (一例:Jobsの本)https://hamajimichio.hatenablog.com/entry/2020/08/10/000000

 その12月1日号は、インド最大のTata財閥の総帥、ラタン・タタ氏の12月28日、75才の誕生日を期しての引退を伝えている。「Ratan Tata’s Legacyラタン・タタの遺したもの」(写真)。     

44才のアイルランド国籍のCyrus Mistry氏(非Tataファミリーだが、Parsi族)にバトンタッチした、というもの。 http://www.economist.com/news/21567390-ratan-tatas-successor-cyrus-mistry-has-some-dirty-work-do-pupil-master                     

世界のビジネス界では大きな話題である。     

が、日本人一般の関心を集めた気配はない。しかし、このTataが実は「ペルシャ拝火教松本清張正倉院」とのつながりがあるとなれば、きっとその関心度は上がろうゆえ、筆者の個人的体験も含めてドキドキ感にあふれた、壮大なヒューマン・ドラマであるということを記したい。     

 Tataはイランを出自とする、ゾロアスター教徒、Parsiパルシー(=ペルシャ)族である。      

イスラム教徒の迫害を避けたパルシー教徒は1100年頃に、イラン(ヤズド地方)から船に乗り、インドの西海岸グジャラート州にたどり着いた。そして、12億の人口のインドで、20万人足らずのパルシー族が最大の財閥を形成できる土壌。インドという国は多民族、多宗教を包み込む共生の国だ。     

松本清張は、奈良県飛鳥地方にある謎の石造物が、飛鳥時代に渡来したそのペルシャゾロアスター(拝火)教徒が遺したものと考えた。

hamajimichio.hatenablog.com

         【ムンバイ同時テロ】タージ・マハール・ホテル炎上に思う。     

清張はまた、『魔笛』(モーツアルト)とゾロアスター教とを語っている。            http://janjan.voicejapan.org/culture/0905/0905274117/1.php             

さて、12月1日付けThe Economistは本文中で、ラタン・タタ氏の清廉さ(integrity)を挙げている。汚職まみれのインド(corruption-obsessed India)で、汚職に反対する姿勢を毅然と貫いた(stood against corruption)。       

と同時に、「タタ氏は、144年の歴史的企業の5代目に君臨して王様然として秘密主義で(being regal and secretive)、コンピュータハイテク部門のTCSには余り手を出さなかったと非難されている」と記している。   the group’s most successful business, TCS, its technology arm, is the one he left most alone.     

この点、筆者には特記すべき思い出がある。     

 商社勤務だったある日、「インドに行って商売を探して来い」という命令が下った。家父長制下にあっては、上司の命令は絶対だ。(今の若い人には考えにくいだろうが)。     

インド最大の財閥がTataと知った筆者は、インターネットの無い時代、テレックス(だったと思うが)にてその総帥ラタン・タタ氏に面談を申し込み、生まれて初めてのインドに出張した。外貨不足のインドに何かを売るのよりは、何か買うものはないか。ドキドキしながらその本拠、由緒ある「Bombay House」にて接見してくれたタタ氏に「何か買うものはないか?」と尋ねた。即答されたのは「コンピュータ・ソフトウエア」だったーーー。     

 コンピュータ・ソフトウエア!?     

それから知識吸収、業界調査、インドとの往復が始まった。双方のミッション交換もあり、日本事務所の設営まで行った。     

実はその後、筆者自身の転職があり、成果については「Too Early時期が早すぎた」ということではあるのだが、今日、世界を席巻するインドのIT技術、システム・エンジニアリング力を目の当たりにするにつけ、あの時のRatan Tata氏の「先見の明」には感心するばかりである。     

 閉塞感に満ちた今の日本にとって、再度The Economist記事を借りるなら、学ぶべき「強烈な教訓(powerful lesson)」がある:       

*外の世界から得るものは、失うものよりも遥かに大きい(India has far more to gain than lose from the outside world)       

*確たるグローバル化の主張(a firm advocate of globalisation)                                           

今日本で叫ばれる「グローバル化」「国際化」「フラット化」。その根には、時空を超えての「異文化・異宗教」という壮大なロマンがある。魅力にあふれた「ヒューマン・ドラマ」なのだと思えば、知的好奇心から、「知る」ことに大いに力が入ろうというものだ。   「異文化理解」とは実は「(自分とは)異なる」ということの理解だし、異(ちが)うからこその「魅力」である。    

そこでは言葉(英語)が大いなる手段であることは言を待たない。KIP=Knowledge is Power/Pleasure. http://www.eigokyoikunews.com/columns/global_business/2012/07/englishnization-knowledge-is-power.html

「参考」:   

http://www.economist.com/news/leaders/21567356-india-should-learn-career-its-most-powerful-businessman-ratan-tatas-legacy  英文解説                                                                             http://the-economist-jbp.seesaa.net/article/305927371.html  日本語解説                      

 

【第218回】北京オリンピック開会式の「マスゲーム」

 

f:id:TBE03660:20210731153608j:plain

「100年の夢」光と影(2008年8月9日産経新聞一面) 

 

2008/08/10記

8月8日の夜、第29回夏季オリンピック北京大会の開幕式のTV中継を見た。最初はその規模、美しさ、演出に驚嘆し、「素晴らしい」を連発する解説者、アナウンサーの声に賛同していたが、だんだんうつろに聞こえ、後半、心が次第に萎えていった。本来、美しきもの、努力の結晶、一糸乱れぬティームワーク(チームワーク)、何であれすべて賞賛すべきなのだが……。

 

 筆者の心が開会式から離れていったのは、色彩豊かな美しい立体がうごめき、それは実はマスゲース、つまり人間の、しかしあまりにも人間離れした集団統一動作であるということを知った頃からだ。

 何だか米軍のイラク侵略時における都市攻撃をあたかも、CGやゲーム感覚でお茶の間で見ているという後ろめたさに似ている。そこにある個々の人間性、人間味の欠如というやるせない思いである。
 
 あのリズム感の少ない流れるような(美しい)音楽に合わせて何千(何万?)の人間が一糸乱れず統一行動がとれるということは、それこそ気の遠くなるような時間をかけ、血のにじむような練習があったと容易に想像できる。しかもそれは夜のパフォーマンスである。開会式のセレモニーには約1万5000人が出演。そのうちの3分の1が軍から選ばれた人たちだという。

 「五輪写真」サイトでは、しかしどうしたことか、あのマスゲームの圧巻の全体写真を見ることはできない。
 ・http://beijing2008.nikkansports.com/news/photo/top-photo.html

 美しいマスゲームは、どうしても北朝鮮の「アリラン祭り」を連想させる。そしてそれはある「生臭い」光景に行き当たる。 1990年9月、金丸信自民党(当時)副総裁は「金丸信先生(と田辺誠先生)の引率する日本使節を熱烈に歓迎する」という人文字に大感激したと言われる。人間だから当然だろう。そして、その前後から北朝鮮との金銭を巡る、いくつかの不透明な動きが報道された。
 ・http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=549997

 2000年10月には、北朝鮮を訪れたオルブライト米国務長官クリントン政権下)も、マスゲームを見せられ、「すばらしい」と讃えたとて米国内で「奴隷の踊りをすばらしいというのはおかしい」と批判された。

 その北朝鮮アリラン祭りは「世界最大規模のマスゲーム」とギネスブックに登録されたとのこと。それによると、「2002年の故金日成主席の生誕90周年と金正日総書記の還暦を記念して創作されたアリラン祭りは、抗日戦争時期から現在までの歩みを大規模なオペラ形式の公演と学生たちの人文字を交えながら仕上げた1時間余の作品。歌手や舞踏家、学生ら約10万人が参加する」よし。

 又、2008年の「アリラン祭」は、北朝鮮が9月、建国60周年を迎えるため、その祝賀イベントの一環として開かれたとのこと。
 ・http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00138088.html(08/05 20:13)

 さて、この「マスゲーム」に対する違和感(?)についてはマスゲームに参加した北朝鮮の少女の姿を伝えるBBC制作のドキュメンタリー「ヒョンスンの放課後」(原題「State of Mind」(心の状態) 2004)ゴルドン監督が以下のように述べている。

(筆者 仮訳)
 それはすべて集団教育ということで、マスゲームを演じる者も観る側も、「訓練」に尽きる。演技訓練をずっと追っていると、「一人の小さなミスが全体の演技をすべて台無しにしてしまう」と植え込んでいる。だからこそ、彼らの言う「集団主義」にならざるをえないし、それこそが共産主義が(国民に)「擦りこもう」と意図してるティームワークそのものなのだ。

(原文)
DANIEL GORDON, FILMMAKER:It's all about teaching the collective, both the performers of the Mass Games and those who are watching, and it's drilled in. When we were following the gymnasts, it's drilled into them that the slightest mistake by one of them can ruin the performance. And therefore, in their words, they surrender to the collective, and it is all about, you know, the teamwork that Communism tries to instill.
 ・http://transcripts.cnn.com/TRANSCRIPTS/0510/04/i_ins.01.html

 かくして筆者にはどうしても、ルーマニア訪問時、独裁者チャウシェスク北朝鮮で感動してマスゲームを自国でも取り入れたと聞いたことが思いだされる。つまりマスゲームは独裁者のこころを大いにくすぐるという一種の悪夢への連想となる。

 今回、福田日本首相、ブッシュ米大統領サルコジ仏大統領ら 開会式に出席した80を超える国々の首脳たちは、間違いなくその素晴らしさに驚嘆をしたはずだが、さて、その表裏一体のところにある違和感(?)をどこまでどのように感じたのだろうか? 「国威発揚東京オリンピック」をうたう石原東京都知事も参加と聞くが、どうだったろう?

 日本の各メディアも押し並べて「礼賛」だが、ひとり、産経新聞の見出し「光と影」はそのあたりを伝えているし、同じく一面にある中国出身の評論家・石平(せき へい)氏の、子供時代にことあるごとに鑑賞動員された「国家イベント」映像への感激と、長じて知った国の実情の乖離から説く『繰り返される「歴史」』論は一読に値する。

 石氏は、かげりが見え始めた中国のバブル経済の現状について懸念を表明、【すさまじい経済成長を成し遂げている最中でも、この国では億単位の失業者が途方にくれ、年間に数万件の暴動や騒動が発生している状況だから、経済がいったん落ち目となれば、社会的不安と混乱がどれほど拡大していくのか、もはや想像もつかない】などという。論は【祭りの興奮が収まった後に一体何がやってくるのか、それこそが問題ではないか】と結ばれている。
 ・http://sankei.jp.msn.com/world/china/080809/chn0808090319000-n1.htm

 以上は、必ずしも、中国事情、北朝鮮事情、オリンピック・体育事情に詳しくない筆者の個人的感想であり、読者、専門家の意見も伺えればありがたい。長く日米を中心に国際ビジネスに携わり「ティームワークこそ日本の誇るべきこと」と主張をしてはいるのだが……。
 筆者の関連記事:ルーマニア・チャウシェスクが残したお荷物と深い傷

 

【第217回】コロナ・パニックに強く思う ~ 「『安全』と『安心』は別物」

 

f:id:TBE03660:20210720020514j:plain

「コロナ自粛の大罪」(鳥集徹。宝島社新書)

 

f:id:TBE03660:20210721145212j:plain

三浦良一氏と愛機

7月11日、イギリスの富豪実業家、リチャード・ブランソン氏(70)が自社ヴァージン社開発の宇宙船で、大気圏と宇宙の境界となる高度85キロまで上昇し、無重力状態を体験、有人宇宙飛行をした由。飛行時間90分、宇宙体験は6分間。


これをもって同氏(同社)は一般向け約2800万円のチケットを売り出し、すでに700枚を売り切った由。我々庶民にとってこの値段は法外であり手が届かない。そして、その以前に恐怖感が先にたち、筆者(浜地)には到底あり得ない。この宇宙計画では確かに技術的には計算し尽くされたいるはずであり「安全」なのだろう、が「安心」はできない。怖いーー。

折しも、友人、三浦良一・NY生活プレス社長から趣味である「飛行」の若き日の写真が送られてきた(掲載許可済み)。説明にいわく:「私がよくレンタルして飛んでいた愛機、パイパートマホーク。低翼なので安定性は悪いけど旋回性は零戦なみ。1985年ロサンゼルス市コンプトン飛行場で。ラジコン模型飛行機の操縦の方が難しいと思う」とある。そうなのだろうか。確かに技術的(事故率)には安全なのだろうが、どうしても安心感は得られない。 思うだに恐ろしく、ただただ「勇気があるなあ」と感心するのみ。年月が経ち、これだけ世界中に航空網が発達しても、飛行機を怖いと思う人もいよう。

そこで、思いが現下の「オリンピック実施」と「(コロナ禍による)緊急事態宣言」という二つの相反する決定に直結する。

菅義偉総理大臣は「緊急事態宣言のもとでオリンピックを開催する中、国民の命と健康を守るため感染対策を徹底し、『安心安全の大会』を実現していく」と繰り返し述べている。 

が、ここは考えねばならない、上述「宇宙船」「パイパー機」の通り、人間にとり「安心」と「安全」は異なるものだ。

厚生労働省の発表統計によると、コロナによる死亡(重症)は奇跡的に少ない。F. ナイトの示唆に沿えば、即ち、エビデンス(証左)は安全を示している。

従い、国の施策としては、まず、この「安全(=死亡者が少ない)」を強調した上で、「安心して下さい」と国民に訴えるべきであり、さすれば、内閣支持率もここまでは下がらなかったろう。「安心安全」を繰り返しても圧倒的多数の市民には「安心感」は得られない。 

哲学者、一ノ瀬正樹教授は「正しく知り、正しく恐れ」、その上で「病災害の世界をしなやかに生き抜こう」と提案している:                                                                              ・ 人は寿命が来れば死ぬ。ゆえにこそいのちを大切に。                                                ・  この世に「リスク・ゼロ(コロナ・ゼロ)」はない。

【第216回】 五輪実施 ~ コロナを正しく知り、正しく恐れる - 浜地道雄の「異目異耳」

 期せずして、この「正しく知り、正しく恐れる」という趣旨から筆者(浜地)らは「コロナ前」の暮らしを取り戻そう!市民の会と声明を発出した。

「コロナ前」の暮らしを取り戻そう!市民の会声明 | 募金もできるオンライン署名プラットフォームVoice(ボイス)。あなたの声で社会は変わる。

是非の賛同、拡散をーー。 (画面右上の赤をクリックして、署名、コメントをー)

就中、鳥集徹氏の「コロナ自粛の大罪」は、平素TVワイドショーなどに頻繁に登場し「感染、自粛」を連呼する「医療専門家」とは別に、「正しく知り、正しく恐れよう」と主張する「医療専門家」7人をインタビューした貴重な記録である。

コロナ自粛の大罪│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル

【第216回】 五輪実施 ~ コロナを正しく知り、正しく恐れる

f:id:TBE03660:20210623122321j:plain

正しく知り、正しく恐れる(まえがきより)

f:id:TBE03660:20210627124911j:plain

6月22日、武蔵野大学有明キャンパスにて

1984ロサンジェルスでの第23回夏季オリンピック政治的には難しい世界情勢の中での開催だった。が、ビジネス上はそれまで赤字続きだったオリンピックをテレビ放映料などで黒字にして、「商業主義」への道を開いた。

また、個人的にはビジネス畑の筆者にとって、重厚長大産業から情報産業へという人生で忘れられない転機であった。https://hamajimichio.hatenablog.com/entry/2020/08/12/000000

 そして、いよいよ東京2020五輪。それは一年延期となり、侃々諤々の論議を残しながら、とまれ、実施の方向に動いている(7月23日開会式~8月8日閉会式 ⇒ パラリンピックへ)。

その混乱の根はコロナパニックである。 

突然の発生以来、筆者は一年半、「コロナを正しく恐れよう」と主張し、この社会を揺るがすパニックを憂いてきた。

http://jicl.jp/hitokoto/backnumber/20200810.html

 社会、経済、就中「教育システム」の混乱は憂慮に堪えない。https://epajapan.jimdofree.com/note-2/a/

 筆者には、五輪誘致の経緯(2013年9月ブエノスアイレスでのIOC 総会で決定)はじめ、その可否を論じる十分な知見はない。が、現下「コロナ・パニック」を以て、口を極めてその実施を非難する向きもあり、ひとつ基本的なことを考えようと提案したい 

偶々、鈴木寛教授のブログで「Web 論座」を知った「コロナ時代の無常観、そして正義と幸福」6月13日:

 通読して驚いた。

これこそ、ビジネス一筋の門外漢である筆者(浜地)が一年半苦悩しながらも「コロナを正しく恐れよう」と主張してきた要点二点なのだ: 

1) F.ナイトの不確実性論に添って、エビデンス(コロナ死者、重症が奇跡的に少ない)を検証

2) 人は寿命がくれば天に召されるという死生観Triage(例:福祉国家スエーデン)

http://jicl.jp/hitokoto/backnumber/20200810.html

 そして、失礼を顧みず著者一ノ瀬正樹氏にアポを申し入れた。 早速返事があり、初対面ながら一時間「密」に話しあい、大いに学び、感動した。

その著書のタイトルの通り:いのちとリスクの哲学 ~病災害の世界をしなやかに生き抜くために!!(正しく知り、正しく恐れる=まえがきより)

https://myu-group.co.jp/philosophy-of-life-and-risk-jp/

p63 p290 Triage: 「いのちは切ない」「死はいつもそばにあり、結局は死から免れない」からこそ、「いのちは大切」なのである。

p233 F.ナイトが提起した「リスク」と「不確実性」についての標準的区別についての不明瞭さ或いは混乱が見受けられる。  

そして、p265 我々の生きている世界で「リスク・ゼロ」はない。多様なリスクを視野に入れて、一定の防疫活動を取りつつも、経済活動を維持していく。 

 

そう、分かり易い例は交通事故だ。そのリスクを恐れてStay HomeやLock Downでは日常社会生活は成り立たない。 

そこで、市民は「保険」に加入し、不測の事態に備える。F.ナイトの「不確実性論」のとおり、証左・エビデンス、即ち確率統計に基づき行うのがアクチュアリー数理業務だ。そこから障害保険をはじめ、各種保険ビジネスが成り立っている。http://www.actuaries.jp/ 

否、ビジネスそのものが「リスクへの挑戦」なのだ。

さあ、五輪開会式を前に、もう一度「コロナを正しく知り、正しく恐れよう」-。この世に「リスク・ゼロ」はないのだ。

 

 

注: