浜地道雄の「異目異耳」

異文化理解とは、お互いに異なるということを理解しよう、ということです。

【第256回】 文化(文明でなく)の衝突 ― 勝てない戦い

寺子屋コーランを学ぶ (サウジアラビア)

2005年9月15日 記 (貿易研修センター World Forum)

 

   一体、文明が衝突するのだろうか?実は衝突するのは文化であり、この点を見極 めてないブッシュ政権の「武力戦略」が中東問題を泥沼化した。

 2001年の9・11事件後、クローズアップされた「イスラム」文化。 碩学黑田寿男教授は「イスラムの理解は難しい。一番良いのはその地で生活し、 人々に触れること」と吐露している。 筆者は、1971年IISTを出てから、商社の石油部に配属になり、以来駐在を含めて、 ⻑く中東ビジネスに携わり、イスラム文化を体感した。そして、後年転職後、もう 一つのテロ現場ニューヨークと往復する者として、ブッシュ政権の武力による中東 強硬策、及びそれに追随しての自衛隊派兵に大いなる疑問をもってきた。

文化=宗教の衝突:

 一体、「文明の衝突論」がことの本質を見誤らせてるのではないか、とずっと思い続けている。 政治学ハンチントン教授のイスラム敵視的な視点も含め、単純明快で素晴らしいアメリカ(人)気質が物質論に立つ「武力征服」という形で裏目に出て、いよいよ泥沼に突っ込んでいったには違いない。

 歴史作家司馬遼太郎は、文明を「普遍的」とし、文化は「むしろ不合理で非普遍的なもの」と定義し、

  「日本でいうと婦人がふすまをあけるとき、両膝をつき両手で開けるようなもの。立って開けてもいい、という合理主義はここでは成立しない。 不合理さこそ文化の発光物質ゆえ、美しく、安堵感をもたらす」としている。(「アメリカ素描」:読売新聞社

広辞苑によれば「文化とは人間の生活上の内面的、精神的なもの」であり、生まれてこのかた、否、先祖代々引き継がれ「肌に擦り込まれ」、基本的に変えようも ない心の状態であり、その典型的は宗教と言える。  卑近な例で、お袋の味、故郷(ふるさと)のなまり、お祭り、お宮参り、法事、 四季折々の行事、冠婚葬祭。これらを他者が腕力をもって変えることができるであ ろうか?

コーラン=絶対生活訓:

 世界12億のイスラム教徒にとって、生活の絶対訓はアラー神の言葉「コーラン」 である。彼らはなぜ豚肉を口にせず、酒を飲まないか?「コーランに書いてあるか ら」。それ以上でもそれ以下でもない。 (以下 井筒俊彦訳、岩波新書)

   ・5章 食卓 4節「汝(なんじ)らが食べてはならぬものは、死獣の肉、血、豚肉」

 ・5章 食卓 92節 「酒と賭矢と偶像神と占い矢とはサタンの技」

  これらの掟を「アメリカ文化」(カッコ内)と対比して見ると、いかにアラー神 の教えに背いているかが理解できる:

金利禁止(vs マネーゲーム、デリバティ ブ)、

・偶像禁止(vs ハリウッド、テレビ、アイドル)、

・男性優位(vs ウーマンリ ブ、男女同権)、

・同性愛の禁止(vs ゲイ運動、同性結婚)等々――。

問題はこの「堕落文化が自国圏に留まらず、イスラム社会へ「侵入」してることで あり、取りもなおさず、異文化挑戦と映る。

・2章 牝牛 186節:「汝らに戦いを挑む者があれば、アラーの道のために 堂々とこれを迎え撃て」

これが貧困という絶望感と合い俟って9・11事件となったと解すべきであろう。

難しい中東主化:

 9・11事件直後にブッシュ大統領が口走った「十字軍」とはキリスト教徒によるイスラム教徒の迫害の歴史だし、同じく、イラク侵攻演説で正当化(=聖戦化)の ために引用した「Millennium」(千年統治)は、キリストを神と認めないイスラム では認められない。イスラム諸国では赤十字を無条件には受け入れず、赤新月が使 われている。又、「(⻄洋型)⺠主化」の典型は指導者を選ぶ選挙制度であろう が、男女同権がない文化の中で、国⺠レベルで行われることはない。

・3章 女38(34)節:「アッラーは元々男と(女)の間には優劣をおつけ になった」

そして、あの世における楽園を説くコーランを信じる庶⺠は打たれ強い。

・2章 牝牛23節:「信仰を抱き、かつ善行をなす人々。 彼らはやがてせんせんと流れる河水流れる緑園に赴くであろう」

以上、9・11時件以後の一連のアメリカ(⻄側)の中東作戦は、「異文化=異宗教」 への侵略であり、歴史が証明するとおり、宗教戦争に勝負はない。「勝てない戦 い」に派兵することに妥当性はない。

 

関連拙稿:

【第75回】 「番外編」イスラムを知らずして世界は語れない - 浜地道雄の「異目異耳」

【第210回】 グローバル化への必須項~イスラーム文化の理解 (1/2) - 浜地道雄の「異目異耳」

 

【第255回】 「情報」: 情けに報いる

 (1993年11月21日New York Times)

 

2004年8月2日 記 (貿易研修センターWorld Forum)

 

 「はじめに言葉ありき」。(ヨハネ一章一節)

 

この情報技術時代にあって、言葉はいよいよ重要な手段だ。そもそも「情報」という日本語、「情けに報いる」とは何と日本的表現だろう。

 「はじめに言葉ありき」。 確かに言葉は相互コミュニケーションには重要で有効な手段だ。言葉について日米の差は日本語が表意文字であるに対して、英語は表音文字であるということだけでなく、その使い方にあろう。

アメリカにおいては挙手をして、質問をして、積極的にクラスに参加していくことが教えられてるし、ディベートはゲーム感覚ですらある。しかし、「沈黙は金」で育った日本人同士では人間関係を損ないかねない。素晴らしいプレゼンテーションよりも、行間を読み取り、情報を分析することが重要である。この顕著な差を克服するには「お互いに違うのだ」ということを理解する努力することだろう。

 もう10年も前のニューヨーク・タイムズがここにある(1993年11月21日)。そのビジネス欄のトップはイラストと共に「Now Itʼs Japanʼs Turn to Play Catch-up、今や日本が追いつく努力をする番」という見出しの大きな記事だ。小見出しは 「パソコンからケーブルTVまで次のエレクトロ二クス革命でずっと遅れをとっていることを東京は認識している」とあり、即ち、「通信機器の技術革命で日本は指導 的役割を果たしているが、それを使うことでは米国の後塵を拝している。確かに米 国の人口2.5億人は日本の倍ということもあろうが、それだけではなかろう」というもの。

イラストによると、勤労者100人当たり使用パソコン数(米国41.7、日本9.9)、国内データベース数(米国3,900、日本900)、100人当たりの携帯電話数(米国 4.4、日本1.4)等々、要するに日本はエレクトロ二クス大国のはずなのに、自分達自身の電子機器の使用という点では米国にずっと遅れている、とある。

ゴア(当時)副大統領の主導による情報スーパー・ハイウエイ構想が、インターネットへと爆発的に発展した今、この数字を見直してみると隔世の感がある。 それにしても情報伝達の日常化、ことにそのコンテンツ、ソフトウエアの開発と いう点では今尚日米に格段の差があり、同記事の指摘は今も変わらない。

その理由・原因にはいくつか考えられるが、何と言ってもアルファベット26文字対カタカナ・ ひらがなに加えて無数の漢字という決定的な差がある。もう一つは地理的大きさの 差であろう。何しろ25倍の国土でありテレコミュニケーションの発達は必然的結果と言える。

そして、これと表裏一体の関係をなす人間の性格・風習といった「文化」の差も決定的である。つまり、かの地では相手の顔を知らなくても電話とファックス、そしてインターネットでことが足りる、というかそれ以外に方法がない。その点、日本では何はともあれ相手と会って、ご挨拶をして、世間話をして、相手の顔や気質を知った上でないとコミュニケーションが成り立たない。

 そもそも「情報」という言葉、「情けに報いる」とは何と日本的表現だろう。 Informationという言葉を誰が「情報」と翻訳したのか非常に興味をそそられる。森鴎外という話しをどこかで耳にしたことがあったので、いつかその辺りを解明したいと思っていた。

某日、東方学会で講演をされたコペンハーゲン大学教授⻑島要一 氏が森鴎外の研究者と聞き、不躾にもお尋ねしたところ次のような返事をさっそく頂いた:

 「『情報』という言葉は鴎外の短編『藤鞆絵』(1911年発表)に『かう云う不慮な 出来事は、丁度軍隊の指揮官が部下の大勢いる前で予期していない情報を得た時のようなものである』という文章にあり、これは小学館日本国語大辞典にも『情 報』の出典にこの部分をあげてるので、文学作品に使われた最初と思われる。但し、この言葉自体はおそらく軍隊の中では頻繁に用いられたはずゆえ、鴎外の発明によるものかどうかは断言できない。もう少し調べて新発見があれば又連絡をする」。

地球の裏側からの見知らぬ者へのこの親切な情報は、ファックスという電子 技術で運ばれて来たが、そこには暖かい「情け」がこもっている。

 

関連拙稿:

【第234回】 ベルリンの壁崩壊20年に思う - 浜地道雄の「異目異耳」

【第28回】 鴎外に学ぶInformation - 浜地道雄の「異目異耳」

 

 

【第254回」 ロシア・ウクライナ紛争は勝(すぐ)れて宗教紛争

プーチンロシア正教キリル一世(AFP)



 

2月24日にロシアのプーチンが「ウクライナ侵攻」を開始以来、マスコミを中心に世論を揺るがす「ロシア・ウクライナ紛争」。

日本では「プーチン巨悪 vsウクライナ可哀想」一色である。

が、どうしたことだろう?「宗教紛争」に言及した論考・解説が少ない。

2018年10月15日、コンスタンチノーブル総主教(イスタンブール)が「ウクライナ主教のロシア主教からの離脱」を承認したことに紛争の根源がある。 

ウクライナ正教会、独立に向け統一へ ロシア正教会反発:朝日新聞デジタル

かの地域にあって「宗教」=「政治」である。ロシア主教の洗礼を受けたプーチンはその「代表」である。即ち、「ウクライナ主教」が「ロシア主教の傘下から離反」することは許せないことなのだ。

【第112回】深遠なることば ECUMENISM - 浜地道雄の「異目異耳」

従い、基本的に日本が出る幕はない。が、唯一の被爆国日本がすべきこと=できること=は「憲法九条を楯に『平和仲介』」である。

他方、紛争の原因は「米国の対外軍事政策の過ち」とチョムスキー(ウクライナユダヤ人)は喝破している。

 

重要関連記事 WSJ

プーチン大統領の戦争、背後に「ロシア世界」思想 米メディア「ウォールストリート・ジャーナル」が指摘 - クリプレ

 

 

hamajimichio.hatenablog.com

【第253回】講演:「情報大混乱時代」にあって重要なFact Check

 

一般社団法人 グローバル・ビジネスコミュニケーション協会

第23回研究会:

1.テーマ:「情報大混乱時代」にあって重要なFact Check/真偽の検証

2.講師:浜地道雄:国際ビジネスコンサルタント ・GBCJアドバイザー

3.日時:2022年5月14日(土)13時~14時30分

4.方法:Zoomリモート、無料

5.申込み:5月11日(水)までに氏名・メールアドレス・所属を下記に:sirasaki.yosihiro@camel.plala.or.jp

 

講演要旨: 

【第250回】OSINT時代に想う「情報」と「知力」= Intelligence - 浜地道雄の「異目異耳」

インターネットの発達で、SNSなどであらゆる情報が世界を駆け廻るという時代になった。現下の情報氾濫=社会混乱の二例、「コロナ・パニック」と「ウクライナ侵攻」、を見る時、これを「進歩」と呼べようか?前者は2020年初頭の発生当初の「殺人伝染病」的脅威がトラウマとなっているが、日本での「死亡者数」は奇跡的に少ない。後者は本年2月14日に始まり、「巨悪プーチン」「可哀想なウクライナ」が情報の主流だが「歴史、治政」の検証が行われてない。ゆえに、今やFact Check(=事実は何なのだ?)が極めて重要課題である。が、IFCN International Fact-Checking Networkに日本は含まれていない。

 

講師  :  浜地道雄::国際ビジネスコンサルタント GBCJアドバイザー

1965年慶應義塾大学経済学部卒、ニチメン(現双日)入社。貿易研修センターにて研修。イラン、サウジアラビアに駐在。転職後(株)帝国データバンクアメリカ社長を経て独立。愛知万博サウジアラビア館の設営・運営に参画。現在EF Education First日本法人顧問。長年、(一社)在外企業協会「月刊グローバル経営」にGlobal Business English Fileを寄稿。

 

【第252回】 ロシアのウクライナ侵攻を語るチョムスキー教授

 

 

NYCでの平和シンポ後の懇親会でのチョムスキー。 2018年5月。筆者撮影。

 

 一昨2020年初頭以来の「コロナパニック」。これが収まらぬうちに、本2022年2月24日のプーチン・ロシア大統領の演説に続く「ウクライナ侵攻」が、世界を混乱に落とし入れている。 

この二つの未曾有の混乱を機として、Fact Check (溢れる情報の真偽をチェックする)が不可欠な時代に突入したといえる。

【第250回】OSINT時代に想う「情報」と「知力」= Intelligence - 浜地道雄の「異目異耳」

 後者の「ウクライナ侵攻」について、日本は政府をはじめ、「プーチン極悪」「ウクライナ可哀想」一色だが、知の巨人チョムスキーMIT教授がインタビューに応じた記録が2点発表された。我々日本人には中々分かりにくい文化、治政、歴史について必見である。(音がでるので注意)

知の巨人、ノーム・チョムスキー!「ウクライナ戦争とアメリカの巨大な欺瞞」―全世界必見の動画!【日本語字幕付き】 - YouTube

 Noam Chomsky: US Military Escalation Against Russia Would Have No Victors

同教授は世界屈指の哲学者であり、言語学者 その物事の本質を鋭く掴みだした主張や発言、著書から、「現代における知の巨人」のひとりとも言われている。

 チョムスキー教授(父はウクライナ出身、母はベラルーシュ出身のユダヤ人)の言葉は胸に響く。 NATOの主軸であるアメリカの軍国主義に原因がある」との主張だ。(因みに、NATOに追随するゼレンスキーはロシア語を母語とするユダヤ人)

今回のウクライナ戦争の原因を「米国の軍事政策の過ち」と喝破するチョムスキーは勿論米国籍だ。以下、その発言を筆者(浜地)の主観に基づき、重要事項を列記する(順不同): 

・(英雄的な言葉よりも)世界が直面している現実に注目しなければいけない。 

アメリカとその同盟国が国際法を平然と破っていることは事実。だからといってプーチンの犯した罪が軽くなるわけではない。 

・確かに、コソボイラクリビアの事例と、今回のウクライナ紛争とのあいだには直接の関連がある。

・米軍のイラク侵攻は、ナチスニュルンベルクで絞首刑になった戦争犯罪と同じで、まったく一方的な侵略だった。

【第226回】9・11同時多発テロ ⇒ 「カーブボール」考 - 浜地道雄の「異目異耳」

・今回のウクライナ紛争については二つの選択肢がある。一つ目は『交渉による解決』で、二つ目は現在のように『最後まで戦うこと』だ。

・我々は、唯一の代案である外交的解決という現実を直視する。

ウクライナはロシアに譲歩すべき。(好むと好まざるにかかわらず)プーチンの侵略行為に対して「処罰ではなく報いる」という醜悪な結論だが、それ以外の選択肢は少ない。さもないと、終末(核)戦争の可能性が極めて高い。

Like it or not, the choices are now reduced to an ugly outcome that rewards rather than punishes Putin for the act of aggression –or the strong possibility of terminal war.

・妥協案の基本的な枠組みは、ウクライナの中立化、おそらく、ウクライナの連邦の構造のなかで、ドンバス地域に高度の自治権を付与するものかもしれない。     

・好むと好まざるとにかかわらず、クリミア半島は交渉対象ではないということを認めなければならない。

【第61回】 ソチはどこじゃ? 〜 黒海を巡りODESSAに至る - 浜地道雄の「異目異耳」

【第249回】ウクライナを巡る、深いヒューマン・ストーリー - 浜地道雄の「異目異耳」

・我々はゼレンスキーに戦闘機や高性能兵器を提供できる。が、それによりプーチンウクライナに対する攻撃を急激に強め、高性能兵器の供給網を攻撃しうる。そして、すべてを完全に破壊する核戦争に陥る可能性がある。

・広島/長崎に原爆が落ちた時に受けた衝撃を鮮明に記憶している。

 (了)

関連拙稿:

【第189回】ノーベル平和賞(日本被団協と九条の会に)考(6) - 浜地道雄の「異目異耳」

【第113回】真夜中まであと TWO MINUTES 〜 真撃な警告 - 浜地道雄の「異目異耳」

【第60回】 「憲法九条にノーベル平和賞を」に賛同してくれたチョムスキー教授 - 浜地道雄の「異目異耳」

【第59回】 チョムスキー教授来日講演 〜 世界平和への共鳴 - 浜地道雄の「異目異耳」

 

 

ウクライナ侵攻関連 (乗松聡子氏提供):

Peace Philosophy Centre: ダイアナ・ジョンストン:ワシントンにとって、戦争は決して終わらない。DIANA JOHNSTONE: For Washington, War Never Ends (Japanese translation)