浜地道雄の「異目異耳」

異文化理解とは、お互いに異なるということを理解しよう、ということです。

【第199回】JANJAN過去記事から(1)トイレット・ペーパ騒

 

2011年3月19日

 

JANJAN過去記事から(1)

過剰報道こそ危機管理の敵 冷静さ忘れずに

 

(現在、JANJANのリンクが現在できず、復旧を心待ちしてますが、その間、今回の地震津波原発事故に関連して、蓄積してあった過去記事を再現します) 

http://www.news.janjan.jp/media/0507/0507139533/1.php

浜地道雄2005/07/14

 

ロンドンテロなどに関する一連の過剰報道は、1973年秋の「トイレット・ペーパー騒ぎ」を彷彿させる。国益を損ねたあの騒ぎを風化させてはなるまい。  

右上は何でもない、というより下らないトイレット・ペーパーの写真。これが、日本国中の大騒ぎとなった元凶で、石油価格上昇にも「貢献」したものだ。それを煽ったのがマスコミの過剰報道で、そして、それに乗ったのが庶民であった。  

今般のロンドンでのテロ事件に関連して東堂一記者が、「4年前の恐怖が蘇る」「またテロの恐怖に世界が震えた」などの煽情的な見出しに言及して、的確な「テロとマスコミ」論を書いている。筆者も先般の上海反日デモ報道に関連して、実地の体感をお伝えした。  

一連の過剰報道は、1973年秋の「トイレット・ペーパー騒ぎ」を彷彿させる。  

同年春、筆者が商社の石油マンとしてテヘランに駐在したとたんに第3次中東戦争が勃発。それを機にOPEC(産油国連合)は原油の競売作戦をとった。日本勢同士の値上げ合戦となり、バレル当り2ドルだった価格が一挙に10倍にも達する勢いであった。いわゆる「第1次オイル・ショック」だった。 

その前年、「日章丸以来の快挙」と評価された世界で初めての長期DD(Direct Deal)契約が、逆に足かせになり事態は最悪となった。筆者は結局左遷となり、「新婚でこの地に赴任。骨を埋めるつもりであったのに残念」と石油公社総裁に別れの挨拶をした。  

医者でもある温厚な紳士のその時の言葉は痛烈であった。「OPECとしてはこの値上作戦に自信はなかった。しかし、日本が騒いでくれたお陰で大成功した。日本は影響力のある大国である」――絶句!  

トイレット・ペーパーなんかなくても生活できる。中東国民の心の故郷は砂漠(右写真下:ドウバイ博物館での人形)。そこでは左手(不浄の手)で砂漠の砂、水を使ってよっぽど衛生的にやっている。  

騒げば騒ぐほど相手の思う壺。メディアの過剰報道とそれに煽られる国民。国益を損ねたあの騒ぎを風化させてはなるまい。 

「危機管理」という言葉がはやっているが、そもそも危機って管理できるのだろうか? できるのは平素の心構えと発生後の対応。いずれの場合も「冷静沈着」が最高の対策である。  

※トイレット・ペーパー騒動については元NHKの秋山久氏の報告にまとまっている。  

http://www2u.biglobe.ne.jp/~akiyama/no80.htm

 

関連拙稿:

http://www.janjanblog.com/archives/34097

http://www.janjanblog.com/archives/34228

【第198回】バーンスタイン没後20周年に向けて(下) 混迷社会へのアピール

 

2009年12月28日

 

f:id:TBE03660:20210221142607j:plain

バーンスタイン・NYフィルの「ヒストリック・テレビジョン・スペシャル」

前回記事:

【第197回】バーンスタイン没後20周年に向けて(上) 音楽映像のリリース - 浜地道雄の「異目異耳」

 

今日、中東問題を含めて世界は混迷状態。  

本稿の主意は音楽ではあるが、バーンスタインの様々の社会発言と実践にならい、関連映像に言及しないわけにはいかない。  

そこに、20年後の今、我々が学ぶべき教訓を見ることができる。

 

1)まず、添付、LPジャケット(CBS-SONY No: SOCO-46)と手塚治虫のコミックと見比べて、その精密な描写に驚かされる。

1973年1月、ベトナム戦争で疲弊していた時期のニクソン大統領の就任式のケネディー・センターにおける前夜祝賀演奏で、オーマンデイ指揮のもとフィラデルフィア管弦楽団が選んだのが戦争(勝利)を鼓舞するチャイコフスキーの「1812年」。  

片や、ワシントン大聖堂ではバーンスタインと有志で平和を祈るハイドンの「戦時のミサ」の無料演奏会がおこなわれた。大聖堂はいっぱいで(雨にも関わらず、外には12,000人)、その様子は1月19日付け、ニューヨークタイムズで「Concert Reflects Moods Of Divided Washington ワシントンの二つに割れたムードを反映した演奏会」(Lind Carlton記者)として取り上げられた。  

そして、これにもとづき、何と音楽ファンでもあった(故)手塚治虫が驚くほど忠実なコミックを「雨の日のコンダクター」として残している。

静岡本店クラシック売場のブログ ハイドン+バーンスタイン+手塚治虫=「雨のコンダクター」

2)モスクワでの番組では、作曲家ショスタコーヴィッチが観客にいたことは前述したが、その最後に作家・詩人ボリス・パステルナークが楽屋に訪ねてきた場面がある。

パステルナークをバーンスタインはモスクワ郊外に訪ねて長時間話したよし。  

これはパステルナークが、ロシア革命を非難する「ドクトル・ジバゴ」を書いて隠棲生活を強いられていただけに特記に値いする。  

 

そこでのバーンスタインの語り口はこうだ。  

「我々が戦争に加担しなければ世界は変わるでしょう」  

「エネルギーや富を戦いに浪費する代わりに(中略)学び、語り、愛し合うことができるのです」  

そして、「私たち音楽使節の活動が両国の未来へ貢献できたら幸いです」とプログラムを締めくくっている。

 

3)番組のスポンサーはフォード財団で、プログラム中に「コマーシャル」が含まれるが、自動車の宣伝ではなく、弁護士ウエルチによる「アメリカ人へのメッセージ」だ。  

同弁護士が1954年6月、「過剰赤狩り」についての公聴会でのマッカーシー議員を論破したことは駐日米国大使館のサイトにも出ている。

写真で見る米国史

http://aboutusa.japan.usembassy.gov/j/jusaj-ushist19.html  

 

アメリカ建国の地フィラデルフィアの独立記念館のひびの入ったLiberty Bell(自由の鐘)の傍らから、1776年の独立宣言を引用して国民に「国への貢献」を呼び掛けている。  

「人は平等に造られており、造物主から天賦の権利を付与されている」として、「その権利を確保するための政府機関=国への貢献」を呼び掛けている。  

これが自動車会社の「コマーシャル」なのだ。  

この公聴会は国民へのTV中継の幕開けであった。  

 

さあ、もうすぐ2010年。  

「天賦の平等」精神は、このGlobal化の進んだ今、ひとりアメリカ合衆国のエゴのためだけであってはならない。

 

オスロで、オバマ大統領は「愚挙」についてどう語るのか?

http://janjan.voicejapan.org/world/0912/0912033966/1.php

平野官房長官が「憲法違反」を支持   

http://janjan.voicejapan.org/media/0911/0911213444/1.php

 

来る年は、ユメユメ「戦争の年」であってはならない--。  

バーンスタインの言葉を借りれば、「我々が戦争に加担しなければ世界は変わるでしょう」

【第197回】バーンスタイン没後20周年に向けて(上) 音楽映像のリリース

 

2009年12月28日

 

f:id:TBE03660:20210221142607j:plain

バーンスタイン・NYフィルの「ヒストリック・テレビジョン・スペシャル」

2009年、感慨深い年が去ろうとしている。  

ボランティアで推進していたNYフィルによる「Young People’s Concert」が新鋭アラン・ギルバートによる指揮で実現した。(10月10日)  

港区の公立小学校の子供たちが作った曲を若きマエストロ、ギルバート監督が咀嚼、解釈し、世界のNYフィルがそれに応じて演奏する! 

子供たちの輝く眼! 夢の実現だった。

 

 

サントリーホール エデュケーション特別企画 

http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/sponsor/091010.html

小さな作曲家 

http://janjan.voicejapan.org/culture/0907/0907207458/1.php

NYフィルの日系音楽監督が始動

http://janjan.voicejapan.org/culture/0909/0909190463/1.php

   

さて、年末・年始はまたNYフィルに関する「楽しい苦労」だ。指揮者(故)バーンスタインによる音楽映像(DVD)シリーズの第4弾のリリース(1月27日予定)に向けて、最終チェックと準備だ。

ヒストリック・テレビジョン・スペシャ

http://www.dreamlife-shop.jp/?pid=16925447

フォード財団の提供により日曜日に家庭に届けられた連続TV教養番組だ。  

後述のごとく高邁、壮大な精神にもとづく、巨額の社会活動運動へのスポンサーぶりは、まさにアメリカ的慈善精神だ。

超富豪の驚くべき慈善事業 2008/06/30

http://janjan.voicejapan.org/world/0806/0806290802/1.php

巨匠バーンスタインの溌剌たる姿をモノクロームの画面に見ながら思わず引き込まれる。  

佐久間公美子氏による字幕は音楽評論家を唸らした定評のある名訳。  

著作権のクリア、画像の修復(極く稀に画像のブレもあるが)に2年以上も費やした結果だけに、筆者の感慨はひとしおだ。  

 

Disc3:「クリエイティヴパフォーマー」では「鬼才」グレン・グールドが若々しく登場。(1960年1月31日放映)  

バッハのピアノ協奏曲二短調第一楽章を共演する姿から、全身とがった神経そのもののあの「唸り声の緊張感」が映像で伝わってくる。  

27歳にしてまさに妖気すら発している。

 

グールドはその後1964年には演奏会から引退して、録音一筋になった。  

そして、グールド、ファレル(ソプラノ)に続き、ストラビンスキーが「火の鳥」を自作自演する。

 

Disc2:「ベニス」(1959年11月22日放映)においては「フィガロの結婚」から始まり、モーツァルトが主体。ことにピアノ協奏曲17番ト短調KV453でのバーンスタインの「弾き振り」は見事で、かつ、楽しい。  

Disc4 :「リズム」(1960年3月13日放映)は「答のない質問」のような高度な音楽論というよりは「Young People’s Concert」に見られるごとき、楽しさいっぱいの音楽講義だ。  

これらの音楽映像は高度で、しかし分かりやすい音楽啓蒙番組としての魅力は勿論なのだが、それにまつわる様々の地政学ともいうべき背景の貴重な記録となっており、 思わずうならされる:  

Disc5は「ベルリン」(1960年11月24日放映)。バーンスタインとNYフィルは1960年ベルリンに演奏旅行をした。  

当時のベルリンは政治的にも非常に微妙な時であり、そこでの9月18日から10月4日のベルリン祝祭週間に向けての演奏旅行だった。  

それにはフォード財団が15万ドルに及ぶ経費を負担した。9月23日の同地における収録には多くの学生を呼んでいる。  

 

なお、小澤征爾氏がバーンスタインと初めて会ったのも、このベルリンでの数日間である。翌年5月、NYフィルの日本初公演において、副指揮者としての小澤氏はバーンスタインに励まされ、指揮台に上っている。

「Young People's Concert」から「題名のない音楽会」2009/01/31

http://janjan.voicejapan.org/culture/0901/0901316539/1.php

東西ベルリンの交通が遮断され、「壁」が築かれたのはその3ヶ月後、1961年8月31日のことである。  

折りしも今年2009年はベルリンの壁崩壊20周年だが、崩壊直後の1989年12月25日、バーンスタインは、ベートーヴェンの第九交響曲を、バイエルン放送交響楽団を主体に編成されたオーケストラを指揮して、合唱のFreude(喜び)をFreiheit(自由)と言い換えて演奏した。バーンスタインはこの時点は自分の病気を知っていたゆえに、壮絶な演奏であったろう。

ベルリンの壁崩壊20年」に思う 2009/11/10

http://janjan.voicejapan.org/world/0911/0911102955/1.php

Disc1の「モスクワ」(1959年10月25日放映)こそ、センセーショナルだ。  

1959年8月から10月にかけてNYフィルは10週間にわたり近東およびヨーロッパに演奏旅行をした。うち、「鉄のカーテン」の向こう側であるソビエト連邦訪問は、ウクライナからアメリカに移民したロシア系ユダヤ人の息子のバーンスタインには格別の思いがあったのかもしれない。  

9月11日のチャイコフスキー記念モスクワ音楽院大ホールでのレクチャー・コンサートでショスタコービッチ交響曲第七番が演奏された。観客の中にいた作曲家が、 招かれて舞台に上がっている。  

これらのことは評論家山崎浩太郎氏によるライナーノート(ジャケット解説)に舌を巻くほど詳記されている。

山崎浩太郎のはんぶるオンライン

 

因みに、今年6月7日、辻井伸行氏が中国人ピアニスト張昊辰と同時優勝したクライバーン・コンクールのクライバーンがモスクワにおける第一回チャイコフスキー・コンクールで優勝したのが、前年の1958年4月だ。  

さて、来る2010年はバーンスタイン没後20年。  と、同時に世界の若手音楽家の育成を目的として彼が創立(と同時に他界)の札幌PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)も20年を迎える。

PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌)

  

以下、バーンスタインの指揮ぶり、講義ぶりのさわりを楽しむことができる。(音が出るので注意)

日本語版DVDシリーズ第一弾: (答のない質問)

http://www.youtube.com/watch?v=hsGXGvRX2RU&feature;=related

バーンスタインのレクチャー

http://janjan.voicejapan.org/culture/0512/0512080085/1.php

第二弾: (メモリアルボックス

http://www.youtube.com/watch?v=79WB6Apsqa0&feature;=related

バーンスタイン新発見!オペラ「タヒチ島の騒動」の楽しさに驚く

http://janjan.voicejapan.org/culture/0603/0603030204/1.php

 

第三弾: (音楽のたのしみ)

http://www.youtube.com/watch?v=tDe-cDgnQgA

マンハッタンでの「バーンスタイン祭」 

http://janjan.voicejapan.org/culture/0810/0810270312/1.php

【第196回】ノーベル平和賞(日本被団協と九条の会に) 考 (13)  

f:id:TBE03660:20210210220203j:plain

ノーベル平和賞

ノーベル平和賞2021の(候補:推薦nomination)予想リスト

 

ノーベル平和賞のnomination推薦は、毎年1月末締切。

今年2021(10月発表)の候補(推薦)リストに「九条の会」が載りました。

http://www.nobelwill.org/index.html?tab=11

アルファベット順ゆえ「Article 9 Association九条の会」はリストのトップ。

 

Urata Kenji 浦田賢治早稲田大学名誉教授・IALANA副会長も挙げられました。

 

私は裏方。ことの経緯は拙過去記事(1~12)、ご高覧をー。

https://hamajimichio.hatenablog.com/entry/2021/02/02/151846

 

*Nominationは「推薦」で、シバシバ誤報・誤解される「ノミネーション(ノーベル委員会による)指名」ではありません。

 

 

【第195回】ノーベル平和賞(日本被団協と九条の会に)考(12)

(2018.10.29 JICL法学館憲法研究所に寄稿

 

 

f:id:TBE03660:20210202151659j:plain

Heffermehl氏

f:id:TBE03660:20210202151727j:plain

ノーベル賞の舞台裏

「世界の9条」に賛同の世界の知識人

 

憲法9条は世界の宝。この主張をベースに、2014年来、内外多くの知識人の賛同・励ましを得て、「『九条の会』と『日本被団協』にノーベル平和賞を」と運動を推進してきました(私は裏方)。

そして、本欄に、昨2017年度のICAN核兵器廃絶国際キャンペーンピースボート/日本被団協)への授賞発表(10月6日)の直前から、状況を投稿してきました。
(2017年9月25日付け) ノーベル平和賞日本被団協九条の会に)考

その間ずっと「九条は世界の宝」と強く励ましてくれたのがノルウエイの
市民運動「Lay Down Your Arms武器を捨てよ」の共同代表、Fredrik S. Heffermehl氏。2015年、浦田賢治早稲田大学名誉教授から紹介されて以来の「メル友」です。
ノーベル賞の舞台裏」(共同通信ロンドン支局取材班編。ちくま新書)に「平和賞受賞に対する異議申し立ての声の主」「同国の平和問題の識者」として紹介されています(p147)。

その「Nobel Peace Prize Watch」というサイトを通じて、平和賞の授賞がA.ノーベルの意志"the prize for the champions of peace"平和へのチャンピオン、即ち「武器を捨てる」「軍縮」に沿っているかを「監視」してきた知識人です。

ノーベル平和賞九条の会日本被団協)運動が一段落した今、改めて「世界の9条」「9条地球憲章」の実現に向けて運動を深化させるわけですが、同氏が素晴らしいアドヴァイス(紹介)をくれました。

1)7月10日、オスロにてノーベル平和賞受賞者サミットの顧問Ingeborg Breines 女史
元IPB(ノーベル平和賞受賞)の共同代表。

2)9月28日、国連総会でのマハティール首相(マレーシア)の「平和憲法、9条の価値」発言の英文記事を送ったところ、大歓迎。
PNND=Parliamentarians for Nuclear Non-proliferation and Disarmamentに紹介してくれました。

この「PNND核軍縮・不拡散議員連盟」の日本支部では会員56人中32人が
与党(自民党公明党)とあります(23人=衆議院議員、9人=参議院議員)。

核兵器禁止条約」に署名・批准しない安倍政治にあって、河野太郎外務大臣を含む多くの与党議員が参加しているという事実の意味するところは重大です。

改めて「地球儀を俯瞰」すると、5月のNYCでの平和会議でのN.チョムスキー教授(MIT)らも含め、多くの世界の多くの知識人が「世界の宝9条」「核兵器廃絶」に強い賛同・支援をしてくれています。